肌に残ってしまったニキビ跡でお悩みはありませんか?美容外科のニキビ跡治療

凹凸タイプのオススメ治療法

クレーターになったニキビ跡は、肌表面だけの治療では、充分な治療効果は得られない

デコボコとした凹凸状のニキビ跡は、皮膚表面のみならず、奥深くまで炎症を引き起こしています。そのため、表面のみをケアしても、内部の炎症が残ったままなので、またすぐに凹凸状に皮膚が再生されてしまいます。そのため、角質を取り除くだけでは、効果がありません。皮膚内部に根付いた「炎症細胞」を除去する治療が必要なのです。また、「クレーターニキビ跡」にも症状があるため、それらに応じた適切な治療が大切です。

深層にまで及んだニキビ跡は、
皮膚の入れ替えを促すレーザーによる治療がオススメ

皮膚内部にまでも行き渡るレーザー治療は、奥深くに根付いた炎症細胞を除去し、皮膚を再生する効果があります。そのため、表面のみの治療では得られなかった高い効果を短い期間で得ることが出来るのです。通常の「膨れ上がるにきび」は、紫外線や潰れるなどの刺激を受けると、炎症が悪化します。悪化したにきびはニキビ跡として、皮膚を凹ませたり、赤みが残ったりします。皮膚内部にまで悪影響を及ぼすため、細胞が破壊され、コラーゲンが異常をきたし、クレーターとして頑固なニキビ跡になってしまうのです。それら全てを同時にケアすることが、凹凸ニキビ跡をいち早く改善する最善の方法です。しかし、皮膚科や市販薬として販売されている塗り薬では、内部にまで浸透する働きが弱く、長期的な治療期間を要してしまいます。また、皮膚表面を新しくする効果がある「ピーリング治療」も、結局は表面のみしか効果がないため、こちらも長期の治療が必要です。以上のことから、皮膚内部に行き渡るレーザー治療が、最も効果的なのです。にきびやニキビ跡の他にも、シミやシワ、たるみにも効果を得ることが出来るため、クレーター以外に悩んでいる人に大変オススメです。

深いニキビ跡に効果大! 炭酸ガスレーザー アンコン

皮膚に極細の穴を無数に開けます。そうすることで、傷ついた皮膚を修復しようと細胞が集まります。コラーゲンが活性化し、新しく綺麗な肌を再生させようと働きます。まばら状に穴を開けることで、健康な皮膚同士がくっつき、治癒力で肌が引き締まることで、自然でなめらかな皮膚表面に再生します。奥深くの皮膚細胞まで到達し、ダメージを与え、修復させることが出来ます。そのため、約1ヶ月のダウンタイムを必要としますが、症状がひどく、深いニキビ跡にも高い効果を発揮します。3種類の照射方法があり、肌質や症状に応じて使い分けることが出来るということも大きなメリットです。治療時間は、平均的に約1時間から1時間半を要します。

施術費用の目安1回当たり50,000~10,000円
※あくまで参考価格であり、各クリニックのキャン
ペーンやオプションを含んだ料金ではありません

万能ニキビ跡治療! エルビウムグラスレーザー フラクセル

アンコアと同じ原理で肌の再生を促すフラクセルは、症状の軽いニキビ跡に使用することをオススメします。皮膚には穴を開けず、細胞のみにダメージを与えるため、その分、ダウンタイムも少ないというメリットがあります。にきびやシミ、小ジワ、毛穴など、広範囲の肌トラブルに用いられる治療方法です。小鼻の毛穴のみなど、狭い範囲にも使用することもでき、手軽さでいえば、アンコアよりもフラクセルだといえます。ダウンタイムに有する期間は約3日から10日で、肌質を整え、モチモチとしたスベスベお肌へと再生してくれる効果があります。数回通うことで、頑固なニキビ跡も綺麗に改善出来ます。治療時間も約20分で完了し、翌日からメイクが可能です。

施術費用の目安1回当たり30,000~120,000円
※あくまで参考価格であり、各クリニックのキャン
ペーンやオプションを含んだ料金ではありません