肌に残ってしまったニキビ跡でお悩みはありませんか?美容外科のニキビ跡治療

ニキビ跡は、皮膚表面に見られる症状ですが、実際は皮膚内部にまでダメージを受けているため、表面のみの治療では効果がありません。そのため、ドラッグストアや皮膚科などで処方される塗り薬では根本からの改善は難しいといえます。表面が綺麗になっても効果は一瞬で、またすぐに皮膚内部のダメージにより、「表面が凹む」「色素沈着」などといったニキビ跡の症状が現れてしまいます。しかし、美容外科では根本からの治療を受けることが出来ます。「レーザー治療」や「イオン導入」、「薬剤による効果の倍増」など、症状に応じた様々な治療方法を展開しています。皮膚内部のダメージをケアし、ニキビ跡を改善するには美容外科で治療を受けると良いでしょう。ニキビ跡を作らないためには、にきびそのものを防ぐケアが必要です。美容外科では、そうした治療や、にきび予防も行っています。再度にきびが発生し、ニキビ跡を作らないようにするには、「肌質の改善」「正常なターンオーバーを促す」ことが大切です。そういったケアも美容外科ではプロが丁寧に指導してくれます。「皮膚科」と「美容外科」の両方の視点から治療を施すため、美しくスベスベとした強い肌へと改善してくれます。

ニキビ跡の種類は大きく2種類

にきびの症状は同じでも「ニキビ跡」には種類があります。デコボコと肌が陥没している状態の「凹凸タイプ」。オレンジの皮で例えられることが多いです。肌色ですが、凸凹状のため目立ってしまいます。もうひとつが「赤み・色素沈着タイプ」です。頬などが全体的に赤いブツブツで覆われている人や、ところどころ赤く跡になっている人もこのタイプです。紫外線を浴びた色素沈着タイプではニキビ跡が後々にシミになってしまいます。

凹凸タイプ
某男性芸人さんによって一躍有名になった「凹凸タイプ」のニキビ跡は、皮膚そのものが凹み、デコボコしていることから、化粧でも隠しきれないと悩んでいる女性は少なくありません。にきびを無理矢理潰したり、強い刺激を与えたりすることで、皮膚内部にまでダメージを受けてしまい、皮膚表面が凹んでしまいます。凹凸タイプのニキビ跡には、皮膚内部からの治療が必要です。また、完治するには根気強く長期的なケアを要します。
凹凸ニキビタイプ オススメの治療
万能ニキビ跡治療!フラクセル
深いニキビ跡に効果大!アンコア
赤み・色素沈着タイプ
『痛みもなく、膨らみもないけれど赤みがいつまでも治らない』という人は、このタイプのニキビ跡に当てはまります。肌が「正常なターンオーバー(新陳代謝)」を行えないことが原因で赤みが残ってしまいます。紫外線を浴びると色素沈着してしまい、ニキビ跡が茶色くシミのようになってしまいます。「赤み・色素沈着タイプ」のニキビ跡には、肌のターンオーバー、すなわち「肌の生まれ変わり」を促し、健康的な肌質へと改善することが大切です。
赤み・色素沈着タイプ オススメの治療
肌を活性化させる治療 ケミカルピーリング
ビタミンを深部まで浸透 ビタミンイオン導入