にきびの種類と治療方法

部位別
  • 背中のニキビ
  • 首のにきび
  • お尻のニキビ
  • 胸のニキビ
  • あご(顎)のにきび
  • 鼻のにきび
  • 口の周りのにきび
  • 頬のにきび
  • 頭皮のにきび
  • おでこ・額のにきび

にきびは顔に出来るもの。そんなイメージが先行しているのは、確かにおでこや頬に出来るケースが多いからですが、何も顔に限られるわけではありません。にきびは毛穴が細菌感染することにより発症するもの、毛穴があるところであれば、つまり全身どこにでも出来るものなのです。例えば背中。背中は自分で見ることが難しく、そのため肌のケアが雑になりがちで、気をつけるべき箇所のひとつです。場所によって原因や治療法が違うので、注意しましょう。

おしりのにきび

顔以外にもにきびは皮膚全体的に発生します。「お尻にきび」で悩まされる原因の多くが『椅子に座り体重を支えるため、にきびが押しつぶされ痛みを感じる』ということです。お尻は、顔と違い皮脂が溜まるイメージがあまりなく、サラサラしていることがほんどです。では、なぜお尻にきびが出来てしまうのでしょうか。原因とニキビ対策を知ることで、お尻にきびをいち早く治療することが出来ます。また、これからのニキビ予防にも効果的です。

おしりにニキビができる原因

お尻にきびが出来てしまう原因は主に2つあります。お尻の皮膚は常に下着やズボン、スカートに覆われています。皮膚が空気に触れる機会は、お風呂の時かトイレに入る時のみです。それ以外は基本的に下着や衣類に覆われています。そのため、知らず知らずに「蒸れ」の状態を引き起こしています。これはマスクをしているときと同じ環境にあり、顔のにきび同様、蒸れがお尻にきびを引き起こす原因となっているのです。また、髪の毛などが肌に当たることや触れることで顔のにきびは悪化してしまいますが、お尻にきびの場合、そういった刺激を常に受けていることになります。衣類での擦れ、椅子や床に座ることでの刺激がお尻にきびの原因です。見えないことや頻繁に触ることが少ないということから、気付きにくいですが、お尻は汗をかきやすい箇所です。そのため、清潔に保つことが難しく、にきびにとってはまさに絶好の環境となってしまうのです。汗や密封状態による蒸れ、さらに椅子などへの刺激が、お尻にきびの原因と悪化させる理由となっています。お尻の皮膚は非常にデリケートな箇所です。肌に合わない石鹸類の使用、乾燥などもお尻にきびの原因になると考えられます。

おしりのニキビの治し方

蒸れを防ぐために下着や衣類を着用しないということはモラル上、出来ません。そのため、なるべくは肌に優しい素材の下着を着用することや、ジーンズ素材など固い生地を避けるという方法をとるようにしましょう。座りっぱなしのデスクワークの人はお尻の下にクッションを敷くなどの方法も効果的です。清潔に保ち、保湿する他、ストレスを溜めないなどの生活習慣を見直すこともニキビ対策に効果的です。使用する石鹸を変えてみることも良いでしょう。

スキンケア
お尻にきびは治ったが、ニキビ跡が残ってしまったという場合、スキンケアによって改善することが出来ます。「お尻専用に開発された洗浄石鹸や保湿クリームを使用する」方法や、「低刺激で浸透性の高い化粧水や乳液をお尻に塗布する」、「ボディークリームを使用し乾燥から皮膚を守る」方法があります。洗浄後はしっかりすすぎましょう。
食事・食べ物
顔に出来るにきび同様、お尻にきびにも食事での改善効果が期待出来ます。ビタミンCなど美容成分の高い要素を多く含む食事を摂ることで、ニキビ跡も薄くなり、にきびが出来にくい肌質になります。また、油っぽい食事や糖分、刺激物の摂り過ぎは控えるようにしましょう。食物繊維で腸内環境を整えることで、お尻にきびを防ぐことが出来ます。
生活習慣
ストレスを溜めないことや、生活習慣を見直すことでニキビ改善が出来たという人もいます。ニキビ跡にならないように、デスク作業を控えるといった行動をとることも効果的です。睡眠不足は様々な肌トラブルや体内環境に悪影響を及ぼします。そのため、お尻にきびが発生することもあります。生活習慣を見直すことは非常に大切です。

美容整形外科で行う、にきび・ニキビ跡治療って、どんな治療があるの?

ニキビ跡の治療
美容外科による、にきび治療には「レーザー治療」「薬剤の塗布」「美容成分の注射」などがあります。代表的な治療方法は主にこの3つです。にきびが出来てしまった原因を追求し、患者の肌質に合わせた治療方法を提案してくれます。レーザー治療では、レーザーで皮膚内部から肌の新陳代謝を促し、にきびを改善、予防します。薬剤では敏感肌の人でも安心して治療が出来ます。美容成分の注射は、にきび以外にも同時にシミやシワなどにも効果が得られます。
ニキビ跡の治療
ニキビ跡は表面的な治療では改善出来ません。皮膚内部までダメージを受けているため、レーザー治療が最も効果的です。中には、薬剤の塗布により、レーザーの浸透を促す治療を提案している美容外科もあります。レーザー治療では、皮膚に極細の穴をあけ、傷つけられた皮膚を回復しようと働く力を活性化させる目的があります。「凸凹タイプのニキビ跡」「赤み・色素沈着タイプのニキビ跡」どちらにも短期間で高い効果が得られます。