にきびの種類と治療方法

部位別
  • 背中のニキビ
  • 首のにきび
  • お尻のニキビ
  • 胸のニキビ
  • あご(顎)のにきび
  • 鼻のにきび
  • 口の周りのにきび
  • 頬のにきび
  • 頭皮のにきび
  • おでこ・額のにきび

にきびは顔に出来るもの。そんなイメージが先行しているのは、確かにおでこや頬に出来るケースが多いからですが、何も顔に限られるわけではありません。にきびは毛穴が細菌感染することにより発症するもの、毛穴があるところであれば、つまり全身どこにでも出来るものなのです。例えば背中。背中は自分で見ることが難しく、そのため肌のケアが雑になりがちで、気をつけるべき箇所のひとつです。場所によって原因や治療法が違うので、注意しましょう。

あご(顎)のにきび

大人でも出来やすいとされている「顎にきび」。治ったと思ってもすぐに再発してしまい、完治することが難しいです。また、つい顎を触ってしまう癖がある人や、手や机に顎を置く癖がある人は、にきびが悪化してしまい、ニキビ跡になってしまうこともあります。なかなか治らない顎にきびを早く完治させる秘訣は「顎にきびが出来る原因」を知ることにあるのです。正しいスキンケア方法と、原因、症状別の治療方法を紹介します。

あご(顎)にニキビができる原因

顎にきびが発生する原因は「ホルモンバランスの乱れ」にあります。人は「男性ホルモン」と「女性ホルモン」どちらも併せ持っています。しかし、男性ホルモンが多く分泌されてしまうと、皮脂の分泌が多くなり、余分な皮脂が毛穴につまり、にきびになってしまうのです。また、生理前に肌荒れがひどくなる原因も、「生理中に発生される黄体ホルモンが男性ホルモンに近い働きをするため」だといわれています。思春期のときににきびが多く発生する原因は、ホルモンバランスが不安定であるためです。大人になってからは生活習慣の乱れによることが原因でホルモンバランスが崩れてしまいます。ビタミン不足は一般的に知られていますが、実は「カルシウム不足」が原因で顎にきびが発生することもあるのです。カルシウムはストレスに弱く、すぐに減少してしまいます。その他にも、顎にきびがなかなか治らない場合、「虫歯」が原因の恐れがあります。虫歯と顎にきびは深く関係しており、歯肉に溜まった膿が毛穴からにきびとして出てくるという仕組みです。歯肉に近い顎は最も膿が出やすい場所です。他にも、間違ったスキンケアがニキビ跡の原因になってしまうので気をつけましょう。

あご(顎)のニキビの治し方

原因を突き止めることが、正しいニキビ改善に繋がります。「バランスの良い食事」や、「質の良い睡眠をとる」、「ストレス発散」などが主です。他にも、虫歯を放置している人は、一刻も早く虫歯治療を施す必要があります。健康そのものを失われる上、顎にきびが悪化してしまうとデコボコとしたニキビ跡になってしまう恐れがあるためです。改善後も再発しないようにニキビ対策を施しましょう。医療機関で治療を受けることもオススメです。

スキンケア
思春期にきびには、市販の医薬品でにきびが発生したときのみのスキンケアでも充分ですが、大人にきびには、常にスキンケアを施すことが大切です。乾燥や紫外線には気をつけましょう。また、思春期と違い、皮脂や油分が少ないため、洗顔で落とし過ぎないように気をつけましょう。年齢に応じたスキンケアが必要です。
食事・食べ物
ビタミン不足にならないよう、「野菜」や「果物」を意識して摂ることも効果的です。「納豆」や「レバー」といった食材にはホルモンバランスを整える働きがあります。また、糖質や脂質を抑えるだけで顎にきびやニキビ跡が改善されたという人もいます。「ひじき」や「ヨーグルト」を積極的に摂ることでカルシウム不足を防ぐことが出来ます。
生活習慣
運動不足を解消することで、程良い疲れから質の良い睡眠をとることが出来ます。7時間以上の睡眠が良いとされており、特に22時から2時の間の睡眠が体の修復を促すといわれています。成長ホルモンが多く分泌されるため、肌トラブル他、様々な体の疲れや傷を修復してくれます。「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれるのはこのためです。

美容整形外科で行う、にきび・ニキビ跡治療って、どんな治療があるの?

ニキビ跡の治療
美容外科による、にきび治療には「レーザー治療」「薬剤の塗布」「美容成分の注射」などがあります。代表的な治療方法は主にこの3つです。にきびが出来てしまった原因を追求し、患者の肌質に合わせた治療方法を提案してくれます。レーザー治療では、レーザーで皮膚内部から肌の新陳代謝を促し、にきびを改善、予防します。薬剤では敏感肌の人でも安心して治療が出来ます。美容成分の注射は、にきび以外にも同時にシミやシワなどにも効果が得られます。
ニキビ跡の治療
ニキビ跡は表面的な治療では改善出来ません。皮膚内部までダメージを受けているため、レーザー治療が最も効果的です。中には、薬剤の塗布により、レーザーの浸透を促す治療を提案している美容外科もあります。レーザー治療では、皮膚に極細の穴をあけ、傷つけられた皮膚を回復しようと働く力を活性化させる目的があります。「凸凹タイプのニキビ跡」「赤み・色素沈着タイプのニキビ跡」どちらにも短期間で高い効果が得られます。