にきびの種類と治療方法

部位別
  • 背中のニキビ
  • 首のにきび
  • お尻のニキビ
  • 胸のニキビ
  • あご(顎)のにきび
  • 鼻のにきび
  • 口の周りのにきび
  • 頬のにきび
  • 頭皮のにきび
  • おでこ・額のにきび

にきびは顔に出来るもの。そんなイメージが先行しているのは、確かにおでこや頬に出来るケースが多いからですが、何も顔に限られるわけではありません。にきびは毛穴が細菌感染することにより発症するもの、毛穴があるところであれば、つまり全身どこにでも出来るものなのです。例えば背中。背中は自分で見ることが難しく、そのため肌のケアが雑になりがちで、気をつけるべき箇所のひとつです。場所によって原因や治療法が違うので、注意しましょう。

おでこ・額のにきび

おでこのにきびが出来やすい時期は一般的には「思春期」だといわれています。皮脂が多く分泌される思春期は、おでこのみならず顔全体的ににきびが出来やすいといえます。しかし、大人になってからもにきびに悩まされる人は少なくありません。特におでこ全体的に赤いブツブツが広がり、痛みや痒みを伴うこともあります。掻いたり触ったりしてしまうとニキビ跡になる恐れも。そんな厄介な「額にきび」が発生する原因と対策を詳しく知っておきましょう。

おでこ・額にニキビができる原因

思春期に見られる額にきびの主な原因は皮脂や汗によるものです。大人の額にきびは主に「ストレス」や「生活習慣」「スキンケア」によるものだと考えられています。シャンプーやリンスの洗い残しがあると、頭皮の汚れが原因でおでこやこめかみに、にきびが発生してしまいます。また、前髪がおでこに密着することでの蒸れや、前髪の汚れが原因の可能性もあります。内臓が原因でにきびが出来てしまう恐れもあり、その1つに、「胃腸が悪い」ということが挙げられます。前髪を頻繁に触る癖がある人は要注意です。にきびが出来やすい上に、既ににきびが出来てしまっている人は、引っ掻いてしまう恐れがあるため潰れ、ニキビ跡になってしまう可能性があります。ニキビ跡になってしまうと、完治するまでに時間を要します。大人の場合、免疫力が年々低下してしまうので、完治するまでの時間が長くなってしまいます。その間に紫外線を浴びてしまい、シミになってしまうこともあります。そうならないために、額にきびの原因を突き止め、対策を取り、日頃から正しいケアをすることが大切です。額にきび自体がストレスになり更に悪化してしまわないように、早めに対策を取りましょう。

おでこ・額のニキビの治し方

前髪がにきびに触れないように対策を取ることが大切です。額にきびは目立つため、気になって触ったり、髪の毛で隠したりしてしまいがちですが、そっとしておくことが完治への1番の近道です。また、シャンプーや洗顔料は生え際まで丁寧に洗い流すことも大切です。胃腸環境を整えるためにカルシウムを意識して摂ることも良いでしょう。ストレスを溜め込まないよう、生活習慣には充分注意し、質の良い睡眠を取るようにしましょう。

スキンケア
アクネ菌の活動を抑えるために、油分の少ない化粧水を使用しましょう。ビタミンC成分が含まれている化粧水や、保湿力の高いローションも効果的です。また、リキッドタイプなどのファンデーションを厚塗りすることも避けましょう。生え際までしっかりと洗い、洗髪料やメイク汚れを完全に洗い流すことが大切です。
食事・食べ物
胃腸環境が原因の場合、「暴飲暴食を避ける」「お酒を控える」「消化に良いものを摂取する」ということが主なニキビ対策です。また、牛乳や小魚、ヨーグルトなどを積極的に摂取することで、カルシウムを補うことができ、額にきびが改善されます。ビタミンを摂取することも望ましいです。バランスの良い食事がニキビ改善に非常に効果的です。
生活習慣
額にきびは体から発せられるSOSだといえます。そのため、生活習慣を見直すことは非常に大切です。腸内環境の悪化や、睡眠不足が続いたり、ストレスを溜めたりすると、おでこにポツンとにきびが現れます。生活習慣を見直すサインだと受け止め、悪化しニキビ跡になってしまう前に、自分自身で改善するようにしましょう。

美容整形外科で行う、にきび・ニキビ跡治療って、どんな治療があるの?

ニキビ跡の治療
美容外科による、にきび治療には「レーザー治療」「薬剤の塗布」「美容成分の注射」などがあります。代表的な治療方法は主にこの3つです。にきびが出来てしまった原因を追求し、患者の肌質に合わせた治療方法を提案してくれます。レーザー治療では、レーザーで皮膚内部から肌の新陳代謝を促し、にきびを改善、予防します。薬剤では敏感肌の人でも安心して治療が出来ます。美容成分の注射は、にきび以外にも同時にシミやシワなどにも効果が得られます。
ニキビ跡の治療
ニキビ跡は表面的な治療では改善出来ません。皮膚内部までダメージを受けているため、レーザー治療が最も効果的です。中には、薬剤の塗布により、レーザーの浸透を促す治療を提案している美容外科もあります。レーザー治療では、皮膚に極細の穴をあけ、傷つけられた皮膚を回復しようと働く力を活性化させる目的があります。「凸凹タイプのニキビ跡」「赤み・色素沈着タイプのニキビ跡」どちらにも短期間で高い効果が得られます。