にきびの種類と治療方法

部位別
  • 背中のニキビ
  • 首のにきび
  • お尻のニキビ
  • 胸のニキビ
  • あご(顎)のにきび
  • 鼻のにきび
  • 口の周りのにきび
  • 頬のにきび
  • 頭皮のにきび
  • おでこ・額のにきび

にきびは顔に出来るもの。そんなイメージが先行しているのは、確かにおでこや頬に出来るケースが多いからですが、何も顔に限られるわけではありません。にきびは毛穴が細菌感染することにより発症するもの、毛穴があるところであれば、つまり全身どこにでも出来るものなのです。例えば背中。背中は自分で見ることが難しく、そのため肌のケアが雑になりがちで、気をつけるべき箇所のひとつです。場所によって原因や治療法が違うので、注意しましょう。

胸のにきび

胸元やデコルテににきびがあると、女性は特に落ち込んでしまいます。「ファッションが楽しめない」他、「パートナーとの性交渉が上手くいかなくなる」ということが挙げられます。それほど女性にとって胸元のにきびの問題は大きいのです。胸元のにきびを改善するため、その原因と対策を知りましょう。また、日頃から意識して気をつけることで、スベスベの胸元を手に入れることができ、オシャレを楽しみ、自信を持つことが出来ます。

胸にニキビができる原因

胸は、1日のほとんどを服で覆われており、元々汗をかきやすくなっています。特に胸が大きい女性は、滑り落ちた汗が胸元に集まるなど、蒸れやすくにきびが発生しやすい環境だといえます。そのため、胸元のにきびの大きな原因は「汗」や「蒸れ」にあります。また、デコルテ周辺は皮膚が薄く、デリケートになっているので、「過度の刺激」や「強いマッサージ」などは危険です。デコルテはリンパが溜まりやすいため、リンパマッサージなどを施す人もいますが、摩擦や力の強さには気をつけましょう。シャンプーやリンスのすすぎ残しが原因の可能性もあります。谷間も意識して洗浄することが大切です。また、髪の毛が胸元に覆いかぶさり、頭髪に付着した汚れが皮膚に当たることでにきびが発生する場合もあるため、女性は気をつける必要があります。毛先がデコルテや胸元に当たることで、刺激されにきびになることもあります。その他にも、「下着の締め付け」や「衣類の繊維」が原因になるケースもあるので、体型や素肌に合った衣類を着用しましょう。バランスの悪い食生活やストレス、睡眠不足などの生活習慣の乱れも考えられます。飲酒やたばこ、生理不順を患っている女性は注意しましょう。

胸のニキビの治し方

胸元のニキビ対策には、まずは胸元を「清潔に保つ」ことを意識しましょう。次に、「生活習慣の改善」「喫煙」「飲酒」にも気をつけましょう。通気性の良い下着を着用し、胸元に髪の毛が当たる場合は束ねるなど、胸元が汚れないように心掛けましょう。顔と同様に化粧水などで「保湿」することも必要です。石鹸が残らないようにしっかりすすぎ、タオルで拭く際は、刺激を与えないようやさしく拭き取るなど、日頃から注意すると良いでしょう。

スキンケア
「ボディクリームを塗りすぎない」、「さっぱりタイプの化粧水を使用する」、「肌にやさしい下着を着用する」ということが大切です。胸元をラメで覆い尽くすなど、皮膚の呼吸を妨げることは控えましょう。汚れた手で無意識に触れることで、胸元やデコルテ付近に菌が繁殖することもあるため、手を清潔にしておくことも必要です。
食事・食べ物
胸元のニキビ対策に効果的な栄養素は「ビタミン類」「ミネラル」「マグネシウム」「コラーゲン」「食物繊維」です。日頃から野菜や果物を積極的に食事に取り入れ、バランス良く摂取しましょう。逆に「糖分」「油分」「カフェイン」は悪化させてしまう恐れがあるため、にきびが発生した際は控えるように注意が必要です。
生活習慣
生理と胸は関係性が強いため、「生理不順を改善」することで胸元のにきびが緩和される場合があります。「食生活の見直し」や、「質の良い睡眠」、「ストレスを溜めない」など、体に良いとされることを日頃から行っていくことが望ましいです。枕カバーや布団など皮膚に触れるものは清潔にすることもニキビ改善に効果的です。

美容整形外科で行う、にきび・ニキビ跡治療って、どんな治療があるの?

ニキビ跡の治療
美容外科による、にきび治療には「レーザー治療」「薬剤の塗布」「美容成分の注射」などがあります。代表的な治療方法は主にこの3つです。にきびが出来てしまった原因を追求し、患者の肌質に合わせた治療方法を提案してくれます。レーザー治療では、レーザーで皮膚内部から肌の新陳代謝を促し、にきびを改善、予防します。薬剤では敏感肌の人でも安心して治療が出来ます。美容成分の注射は、にきび以外にも同時にシミやシワなどにも効果が得られます。
ニキビ跡の治療
ニキビ跡は表面的な治療では改善出来ません。皮膚内部までダメージを受けているため、レーザー治療が最も効果的です。中には、薬剤の塗布により、レーザーの浸透を促す治療を提案している美容外科もあります。レーザー治療では、皮膚に極細の穴をあけ、傷つけられた皮膚を回復しようと働く力を活性化させる目的があります。「凸凹タイプのニキビ跡」「赤み・色素沈着タイプのニキビ跡」どちらにも短期間で高い効果が得られます。