にきびの種類と治療方法

年代別
  • 大人にきび
  • 思春期にきび

にきびは青春の証、といわれるのは、思春期に多く発症するものだからです。しかしこれは、大人になれば発症しないというわけではありません。性ホルモンが多く分泌されると皮脂腺が増加し、これがにきびの原因となります。となると性ホルモンがたくさん分泌される思春期ににきびが多いということが納得出来ますが、例えば女性の生理前にも性ホルモンは多く分泌されます。そうでなくても発症してしまう大人のにきび、それに合わせた対処が必要です。

思春期にきび

人生で1度は経験した、もしくはこれから経験するであろう「思春期」。この時期に入るとプツプツとあらわれ、悩みになるのが「思春期にきび」です。このにきびは、おでこから鼻のライン「Tゾーン」に出来やすく、とても目立ってしまいます。特にオイリー肌の人は毎日のスキンケアが重要です。悪化した思春期にきびが潰れると、ニキビ跡が残ってしまうことも…。しっかりと原因と対策を知って、思春期にきびの悩みを解決しましょう。

思春期ニキビができる原因

何故、思春期にきびは出来てしまうのでしょうか。それは、ホルモンの分泌と大きな関わりがあります。思春期になると、男女問わず、男性ホルモンが多く分泌されるようになります。このホルモンの働きにより、皮脂分泌が促進されます。皮脂は肌の潤いを守るために必要なものですが、過剰に分泌されると、毛穴が詰まってしまう原因にもなります。毛穴に詰まった皮脂は、ニキビの元凶であるアクネ菌の餌になってしまい、繁殖を手助けしてしまいます。「Tゾーン」に思春期ニキビが出やすいのは、顔の中でも特に皮脂を多く分泌する部位だからです。男性ホルモンが多く分泌される思春期はアクネ菌が繁殖しやすく、にきびが出来やすい時期です。更に、スキンケアの知識が不足していたり、部活や勉強、習い事などで忙しくなったりするのも、思春期にきびの原因の1つだといえます。そのまま放置して悪化すると、大人になってからも「でこぼこ」や「ニキビ跡」がずっと残り、将来大きなコンプレックスになることがあります。しかし、正しい知識を身につけて、しっかりと対策を行えば、思春期にきびは防ぐことが出来ます。早め早めに対策を取っておくのが、何よりも重要です。

思春期のニキビの治し方

思春期にきびを治療する時に大事なポイントは3つです。「スキンケア」と「食生活」、「生活習慣」。この3つが適切であれば、肌トラブルに悩まされるリスクは大きく軽減することが出来ます。いずれも普段から気をつけていれば、習慣がついて続けやすくなり、確実な効果も期待出来ます。この3つのポイントを、しっかり頭に入れておき、気をつけて普段の生活を送れば、「思春期にきび」も「ニキビ跡」も心配しないで済みます。

スキンケア
スキンケアで最も大事なのが洗顔です。正しい手順で洗顔を行い、しっかり油分と水分を補充しましょう。洗顔の手順は重要ですが、清潔な手とタオルを利用する事が重要であると頭に入れておく必要があります。雑菌が付着した手やタオルは、スキンケアの意味がなくなってしまうだけでなく、肌に悪影響を及ぼしてしまいます。
食事・食べ物
食事で気をつけなければいけないのが、栄養素のバランスです。肌は体の一部であり、栄養素が不足すると調子が悪くなってしまいます。特に皮脂が多く出る思春期は、油分を過剰に摂取すると、にきびが悪化してニキビ跡になるリスクがあります。「スナック菓子」や「チョコレート」などは、特に油分が多く含まれており、注意が必要です。
生活習慣
生活習慣の中でも「適度な運動」と「深い睡眠」が重要です。しっかりと運動を行い、深い睡眠をとると、肌が生まれ変わるサイクルが正常に戻り、肌の健康状態を保つことが出来ます。思春期にきびにも、ニキビ跡にも有効で、ストレスでホルモンバランスが崩れるのも防ぐ事が出来ます。肌だけではなく、体の健康維持にも繋がる優れた方法です。

美容整形外科で行う、にきび・ニキビ跡治療って、どんな治療があるの?

ニキビ跡の治療
美容外科による、にきび治療には「レーザー治療」「薬剤の塗布」「美容成分の注射」などがあります。代表的な治療方法は主にこの3つです。にきびが出来てしまった原因を追求し、患者の肌質に合わせた治療方法を提案してくれます。レーザー治療では、レーザーで皮膚内部から肌の新陳代謝を促し、にきびを改善、予防します。薬剤では敏感肌の人でも安心して治療が出来ます。美容成分の注射は、にきび以外にも同時にシミやシワなどにも効果が得られます。
ニキビ跡の治療
ニキビ跡は表面的な治療では改善出来ません。皮膚内部までダメージを受けているため、レーザー治療が最も効果的です。中には、薬剤の塗布により、レーザーの浸透を促す治療を提案している美容外科もあります。レーザー治療では、皮膚に極細の穴をあけ、傷つけられた皮膚を回復しようと働く力を活性化させる目的があります。「凸凹タイプのニキビ跡」「赤み・色素沈着タイプのニキビ跡」どちらにも短期間で高い効果が得られます。